SEXの悩み»お見合い!ラオス人と国際結婚のページ目

スレッド新規作成 お見合い!ラオス人と国際結婚

1: 名無し

お見合い!ラオス人とマンコ臭い結婚
ノイちゃんとSEXしていて一番困ったことはマンコが糞臭いことだ。
しかしノイちゃんはこれまで一度も湯船に入ってマンコを洗ったことがない。外で体を洗って、湯船のお湯で流して終わりなのだ。
マンコの洗い方だけはノイちゃんのこれまでの生活習慣を考えた上で、今すぐにお風呂で洗うように押し付けるのはやめにしておきたいと思う。
だからノイちゃんにはアダモ家でもトイレでマンコをクチュクチュ洗うようにお願いした。

UPDATE:2017-04-02 08:42:04

下へ

2: 名無し

(´&~25C9:s~&&~25DE:s~&U+C6A&~25DF:s~&&~25C9:s~&)ラオス女性と国際結婚しましたぁ〜
ラオス女のマンコくっせ〜ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

3: 名無し

国籍の問題じゃないとおもうよ

4: 名無し

アジアンのブログ(amkブログ)
アジアンマリッジ企画のブログ(amkブログ)中、例えば、この2月20日や昨年8月24日からの「ラオスに関するブログ」には事実誤認があると思います。斡旋業者のブログとはいえ、そこまで書いていいのですかね〜と思う部分も多々あります。
【例えば】
●(ラオスは)封建的な国ですよ。
→封建制度の意味を分かって書いていますか?
●普通の男性であれば問題なく結婚生活してますね。
→国際結婚の離婚率は73パーセントと高率で、ラオス人の性格や国際理解もできていない「普通の男性」にまで、ラオス人との国際結婚を勧めていいのですか?
●その意味で素晴らしい結果が出てます。
→正確な根拠を示して欲しいですね。
●ラオス人は離婚を嫌がる。
→ラオス国内での離婚は多いですよね。ラオス人は飽きやすく、辛抱が出来ない国民性なので離婚が多く、周りにも多くの離婚経験者がいるので、あまり抵抗なく離婚してしまいます。
●ラオス女性って素直。ラオスの女性は奥ゆかしさがあり、辛抱強く日本女性と似ている。
→ラオスの諺に「ラオス人は威張り過ぎて死ぬ。」があります。ラオス人は自分の間違いを認めない、基本的には謝ることをしない国民性ですよ。また、熱帯地域で森林資源などに恵まれたラオスでは飢餓などが無いため、ラオス人は怠惰で計画性が無く、飽きやすく辛抱が出来ない国民性と言われていますよね。
なお、ラオス人とイサーン人(コンケンを中心とするタイ東北部の人)は同根です。気が小さいがプライドは高いという性格も似ています。ゆえに「怖いので相手を殺す」ことも多いので要注意ですね。
●夫のわがままも子供のために我慢をします。
→本当ですか?。普通は子供ができれば母は強くなりますよね。
●先日もラオス移住の為に子供さん連れでラオス事務所に相談に来られました。
→余談ですが、タイと同様にラオスでも外国人の不動産所有を認めていません。通常、奥さんやその家族の名義で不動産を買うことになります。
ご存知のとおり、タイでは(何ら対抗手段講じないで)不動産を買ったと同時に、外国人であるご主人が家を追い出されホームレスになる事件が多発していますね。
ラオスでも同様な事件が発生しているので、アジアンは不動産購入に際しての対抗措置についてアドバイスをしたのか気になりますね。

5: 臭いですか?

国際結婚とDV
(1)韓国では7割がDVの被害に
厚生労働省が発表した平成26年の「人口動態統計」によると、日本人男性と外国人女性との離婚率は73%です。お隣の韓国でも斡旋業者による国際結婚が多いのですが、悲しいことに業者婚により国際結婚した韓国人男性の7割が外国人女性に対してDV(ドメスティック・バイオレンス)をしていると報道されています。ある韓国人男性は『斡旋業者に高いお金を払って結婚したのに、外国人女性が「言うことを聞かない!」「祖国に帰りたい!」「離婚したい!」「もっと仕送りをして欲しい!」などと主張する。』ことに対して、つい暴力を振るってしまうようです。
日本でも同様に、外国人女性に対して人権を蹂躙する事件が発生していて、配偶者暴力相談支援センターや入国管理局への相談が増加しているそうです。
(2)経験者からのアドバイス
アジアンマリッジ企画を利用した場合、ラオス人女性が入国するまでに500万円はかかるそうです。結婚したラオス人女性が入国後、「ラオスに帰りたい!」「離婚したい!」「もっとお金が欲しい!」などと主張し続けた場合、DVなどに訴えず、人権を尊重した対応ができるかどうかです。自信がなければ、アジアンマリッジ企画でお見合いをする資格はありません。
また、ある経験者は「ラオス人女性とは500万円あれば結婚はできる。しかし、結婚生活を維持するには、仕送り、里帰り、生活費など、すごくお金がかかる。金の切れ目が縁の切れ目、貧乏人はすぐに離婚だ!」とか「年収500万円未満の貧乏人は、ラオス人女性とお見合いする資格はない!」とアドバイスしています。

【参考】厚生労働省「人口動態統計」(国際結婚の離婚率)
平成26年度(2014年)の日本人男性と外国人女性との婚姻数14,998件に対して、離婚は10,930件であり、73パーセントが離婚している。

6: 臭いです!

■アジアンでお見合いするにあたっての結論(情報収集が必要)
ラオス人女性と結婚して、不幸にして73パーセント(国際結婚の離婚率)の範疇に入ってしまっても、業者婚による国際結婚は、株と同じで全て自己責任の世界です。
ラオス人女性との国際結婚を検討するにあたっては、アジアンマリッジ企画の情報を鵜呑みにするのではなく、必ず自ら以下の情報などを収集し慎重に判断して、ラオス人の国民性や国際結婚のリスクなどを再認識したうえで、お見合いに臨んでいただく必要があります。
(1)国際結婚の現状
→国際結婚の離婚率73パーセント
(2)ラオス女性の実情
→ラオスに行って現地の状況を観察し複数の現地在住の日本人から情報収集する。
(3)斡旋業者の評判・実際にかかる費用
→来日までに500万円は必要なようだが、アジアンマリッジ企画経験者から各種の情報を収集する。

7: 臭くない!

ラーンサーン王国
ラオスの歴史は、中国南西部(現在の雲南省中心)にあったナンチャオ王国(南詔国)の支配領域が南下し、この地に定住者が現れた時代に始まる。王国滅亡後の1353年に、ラーオ族による統一王朝ラーンサーン王国がファー・グム王(英語版)により建国され、その勢力は現在のタイ北東部やカンボジア北部にまで及んだ。ラーンサーンとは「100万のゾウ」という意味である。昔、ゾウは戦争の際に戦車のように使われていたため(戦象)、この国名は国の強大さを示し近隣諸国を警戒させた[7]。

しかし、18世紀にはヴィエンチャン王国・ルアンパバーン王国・チャンパーサック王国の3国に分裂し、それぞれタイやカンボジアの影響下に置かれ、両国の争いに巻き込まれる形で戦乱が続いた。

フランス植民地支配編集
19世紀半ばにフランス人がインドシナ半島に進出し始めた頃には、ラオスの3国はタイの支配下にあった。が、ラオスの王族はフランスの力を借りて隣国に対抗しようとし、1893年に仏泰戦争が起こる。その結果、ラオスはフランスの保護国となり仏領インドシナ連邦に編入された。

第二次世界大戦中は日本がヴィシー政権との協定により占領した。フランス領インドシナは日本軍の明号作戦によって解体され、ラオスは1945年4月8日に日本の協力のもとで、独立宣言をした。だが大戦後、フランスは仏領インドシナ連邦を復活させようとし、これが原因で、1946年に第一次インドシナ戦争が勃発した。1949年、ラオスはフランス連合内のラオス王国として名目上独立した。

8: ラオスの歴史

独立と内戦編集
1953年10月22日、フランス・ラオス条約により完全独立を達成した。独立後、ラオスでは右派、中立派、左派(パテート・ラーオ)によるラオス内戦が長期にわたり続いた。1973年、アメリカがベトナムから撤退、1974年三派連合によるラオス民族連合政府が成立したが、1975年南ベトナムのサイゴンが陥落すると、12月連合政府が王政の廃止を宣言、ラオス人民民主共和国を樹立した。

ラオス人民民主共和国編集
1977年12月、在ラオス日本大使館杉江清一書記官夫妻殺害事件が発生。反政府派による政治的犯行を示唆する発表がラオス国営放送から成された[8]。

1980年、タイと国境紛争。1979年、中国共産党と関係断絶。1986年、新経済政策(チンタナカンマイ)を導入。1987年、タイと国境紛争(タイ空軍機1機が撃墜される)。1988年、タイとの関係正常化。1989年のカイソーン首相の中国公式訪問、1990年の李鵬首相のラオス公式訪問で、対中関係の改善。1991年、憲法制定。ラオス人民革命党の一党独裁体制維持を確認。1992年2月、タイと友好協力条約を締結。7月、ベトナムとともに東南アジア諸国連合(ASEAN)にオブザーバーとして参加。11月21日、カイソーン・ポムウィハーン国家主席(ラオス人民民主共和国の初代最高指導者)死去。1997年7月23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟。

2006年4月30日投票の第6期国民議会(一院制、任期5年)選挙の結果選出された国会議員115人のうち114人はラオス人民革命党の党員で、非党員は1人。同年6月に招集された第6期国民議会第1回会議において、ラオス人民革命党書記長で軍出身のチュンマリー・サイニャソーンが国家主席に、ラオス人民革命党政治局員のブアソーン・ブッパーヴァンが首相に選出された。

2007年6月、アメリカに亡命したミャオ族の元王国軍将軍とアメリカ軍退役少佐によるクーデター計画が発覚。関係者はアメリカ司法当局により局外中立違反で逮捕された。

2010年12月23日の第6期国民議会第10回会議の閉会式において、ブアソーン首相は任期途中で辞任し、国民議会議長のトーンシン・タムマヴォンが新首相に就任した。

2016年3月の第8期国民議会総選挙により、ブンニャン国家主席、トンルン首相体制となった。

9: ラオスの地方行政区

地方に議会を設置しないで、県知事は国家主席が、郡長は首相が、それぞれを任命するという中央集権的地方行政制度をとっている。

首都のヴィエンチャン市を含む、広域ヴィエンチャン行政区であるヴィエンチャン都(ナコーンルアン・ヴィエンチャン/Prefecture)と17県(クウェーン/Province)から構成される。以前はサイソムブーン特別区(ケートピセート・サイソムブーン)が治安上の理由から首相府の直轄下に設けられていたが、2006年に廃止された。その後、サイソムブーン特別区は県に昇格して復活した。

ヴィエンチャン都と県の下には100前後の村(バーン)から成る郡(ムアン)がある。ムアンにはラオス語で「郡」の他に「街」という意味もあり、日本の市町村に相当するものだと考えられる。ヴィエンチャン都を除き、全ての県には県庁所在地となる郡があり、そこが県都とされている。

県都とされる郡の名称は「ポンサーリー郡」や「ルアンナムター郡」のように県の名前と合致する場合、「サイ郡」や「サマッキーサイ郡」のように県の名前とは全く異なる場合があるが、ラオス人の多くは他県のことであれば県の名称=県都(チャンパーサック県など一部例外はあるものの)であり、一般人で県都の名称を全て正確に覚えている人は少ない。

10: ラオスの歴史

ラーンサーン王国編集
ラオスの歴史は、中国南西部(現在の雲南省中心)にあったナンチャオ王国(南詔国)の支配領域が南下し、この地に定住者が現れた時代に始まる。王国滅亡後の1353年に、ラーオ族による統一王朝ラーンサーン王国がファー・グム王(英語版)により建国され、その勢力は現在のタイ北東部やカンボジア北部にまで及んだ。ラーンサーンとは「100万のゾウ」という意味である。昔、ゾウは戦争の際に戦車のように使われていたため(戦象)、この国名は国の強大さを示し近隣諸国を警戒させた[7]。

しかし、18世紀にはヴィエンチャン王国・ルアンパバーン王国・チャンパーサック王国の3国に分裂し、それぞれタイやカンボジアの影響下に置かれ、両国の争いに巻き込まれる形で戦乱が続いた。

11: ラオスの歴史

フランス植民地支配
19世紀半ばにフランス人がインドシナ半島に進出し始めた頃には、ラオスの3国はタイの支配下にあった。が、ラオスの王族はフランスの力を借りて隣国に対抗しようとし、1893年に仏泰戦争が起こる。その結果、ラオスはフランスの保護国となり仏領インドシナ連邦に編入された。

第二次世界大戦中は日本がヴィシー政権との協定により占領した。フランス領インドシナは日本軍の明号作戦によって解体され、ラオスは1945年4月8日に日本の協力のもとで、独立宣言をした。だが大戦後、フランスは仏領インドシナ連邦を復活させようとし、これが原因で、1946年に第一次インドシナ戦争が勃発した。1949年、ラオスはフランス連合内のラオス王国として名目上独立した。

独立と内戦
1953年10月22日、フランス・ラオス条約により完全独立を達成した。独立後、ラオスでは右派、中立派、左派(パテート・ラーオ)によるラオス内戦が長期にわたり続いた。1973年、アメリカがベトナムから撤退、1974年三派連合によるラオス民族連合政府が成立したが、1975年南ベトナムのサイゴンが陥落すると、12月連合政府が王政の廃止を宣言、ラオス人民民主共和国を樹立した。

ラオス人民民主共和国編集
1977年12月、在ラオス日本大使館杉江清一書記官夫妻殺害事件が発生。反政府派による政治的犯行を示唆する発表がラオス国営放送から成された[8]。

1980年、タイと国境紛争。1979年、中国共産党と関係断絶。1986年、新経済政策(チンタナカンマイ)を導入。1987年、タイと国境紛争(タイ空軍機1機が撃墜される)。1988年、タイとの関係正常化。1989年のカイソーン首相の中国公式訪問、1990年の李鵬首相のラオス公式訪問で、対中関係の改善。1991年、憲法制定。ラオス人民革命党の一党独裁体制維持を確認。1992年2月、タイと友好協力条約を締結。7月、ベトナムとともに東南アジア諸国連合(ASEAN)にオブザーバーとして参加。11月21日、カイソーン・ポムウィハーン国家主席(ラオス人民民主共和国の初代最高指導者)死去。1997年7月23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟。

2006年4月30日投票の第6期国民議会(一院制、任期5年)選挙の結果選出された国会議員115人のうち114人はラオス人民革命党の党員で、非党員は1人。同年6月に招集された第6期国民議会第1回会議において、ラオス人民革命党書記長で軍出身のチュンマリー・サイニャソーンが国家主席に、ラオス人民革命党政治局員のブアソーン・ブッパーヴァンが首相に選出された。

2007年6月、アメリカに亡命したミャオ族の元王国軍将軍とアメリカ軍退役少佐によるクーデター計画が発覚。関係者はアメリカ司法当局により局外中立違反で逮捕された。

2010年12月23日の第6期国民議会第10回会議の閉会式において、ブアソーン首相は任期途中で辞任し、国民議会議長のトーンシン・タムマヴォンが新首相に就任した。

2016年3月の第8期国民議会総選挙により、ブンニャン国家主席、トンルン首相体制となった。

12: ラオスの歴史

ラーンサーン王国編集
ラオスの歴史は、中国南西部(現在の雲南省中心)にあったナンチャオ王国(南詔国)の支配領域が南下し、この地に定住者が現れた時代に始まる。王国滅亡後の1353年に、ラーオ族による統一王朝ラーンサーン王国がファー・グム王(英語版)により建国され、その勢力は現在のタイ北東部やカンボジア北部にまで及んだ。ラーンサーンとは「100万のゾウ」という意味である。昔、ゾウは戦争の際に戦車のように使われていたため(戦象)、この国名は国の強大さを示し近隣諸国を警戒させた[7]。

しかし、18世紀にはヴィエンチャン王国・ルアンパバーン王国・チャンパーサック王国の3国に分裂し、それぞれタイやカンボジアの影響下に置かれ、両国の争いに巻き込まれる形で戦乱が続いた。

フランス植民地支配編集
19世紀半ばにフランス人がインドシナ半島に進出し始めた頃には、ラオスの3国はタイの支配下にあった。が、ラオスの王族はフランスの力を借りて隣国に対抗しようとし、1893年に仏泰戦争が起こる。その結果、ラオスはフランスの保護国となり仏領インドシナ連邦に編入された。

13: 名無し

第二次世界大戦中は日本がヴィシー政権との協定により占領した。フランス領インドシナは日本軍の明号作戦によって解体され、ラオスは1945年4月8日に日本の協力のもとで、独立宣言をした。だが大戦後、フランスは仏領インドシナ連邦を復活させようとし、これが原因で、1946年に第一次インドシナ戦争が勃発した。1949年、ラオスはフランス連合内のラオス王国として名目上独立した。

独立と内戦編集
1953年10月22日、フランス・ラオス条約により完全独立を達成した。独立後、ラオスでは右派、中立派、左派(パテート・ラーオ)によるラオス内戦が長期にわたり続いた。1973年、アメリカがベトナムから撤退、1974年三派連合によるラオス民族連合政府が成立したが、1975年南ベトナムのサイゴンが陥落すると、12月連合政府が王政の廃止を宣言、ラオス人民民主共和国を樹立した。

ラオス人民民主共和国編集
1977年12月、在ラオス日本大使館杉江清一書記官夫妻殺害事件が発生。反政府派による政治的犯行を示唆する発表がラオス国営放送から成された[8]。

1980年、タイと国境紛争。1979年、中国共産党と関係断絶。1986年、新経済政策(チンタナカンマイ)を導入。1987年、タイと国境紛争(タイ空軍機1機が撃墜される)。1988年、タイとの関係正常化。1989年のカイソーン首相の中国公式訪問、1990年の李鵬首相のラオス公式訪問で、対中関係の改善。1991年、憲法制定。ラオス人民革命党の一党独裁体制維持を確認。1992年2月、タイと友好協力条約を締結。7月、ベトナムとともに東南アジア諸国連合(ASEAN)にオブザーバーとして参加。11月21日、カイソーン・ポムウィハーン国家主席(ラオス人民民主共和国の初代最高指導者)死去。1997年7月23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟。

2006年4月30日投票の第6期国民議会(一院制、任期5年)選挙の結果選出された国会議員115人のうち114人はラオス人民革命党の党員で、非党員は1人。同年6月に招集された第6期国民議会第1回会議において、ラオス人民革命党書記長で軍出身のチュンマリー・サイニャソーンが国家主席に、ラオス人民革命党政治局員のブアソーン・ブッパーヴァンが首相に選出された。

2007年6月、アメリカに亡命したミャオ族の元王国軍将軍とアメリカ軍退役少佐によるクーデター計画が発覚。関係者はアメリカ司法当局により局外中立違反で逮捕された。

2010年12月23日の第6期国民議会第10回会議の閉会式において、ブアソーン首相は任期途中で辞任し、国民議会議長のトーンシン・タムマヴォンが新首相に就任した。

2016年3月の第8期国民議会総選挙により、ブンニャン国家主席、トンルン首相体制となった。

14: 中国の歴史

「セリカ
ヘレニズム文明の時代、ギリシアからみて北西がヨーロッパ、南東がアジア、南西がアフリカ、北東がスキティアと呼ばれたが、このアジアのさらに東(インダス川の東)にインディアがあり、インディアとスキティアのさらに東が「セリカ」とされていた。これは絹(絲)を意味する「セーリコン」(σηρικον)に由来し、いわゆる中国の地をさしていた。絹をもたらした中国の商人は「セール」(σηρ)(複数形:「セーレス」(σηρεσ,Seres))と呼ばれ、「セーリコン」は英語やロシア語などで「絹」を表す言葉の語源ともなっている。その後、「セリカ」は後述する「チーナ」に由来する「スィーン」が伝わるとその系統の呼称に取って代わられた。

「秦」に由来する呼称編集
漢字文化圏以外からは、古くは秦に由来すると考えられるチーナ、シーナという呼称が一般的に用いられ、古代インドではチーナスタンとも呼んだ。これが仏典において漢訳され、「支那」「震旦」などの漢字をあてられる[11]。この系統の呼称はインドを通じて中東に伝わってアラビア語などの中東の言語ではスィーン(SU+12Bn)となる。また、更に後にはインドの言葉から直接ヨーロッパの言葉に取り入れられ、China(英語)、Chine(フランス語)などの呼称に変化した。日本でも「秦」に由来して、支那の語が仏教文献では古くから利用されてきた。「支那」は明治時代に入ると、欧米のSinologyの訳語として取り入れられ、中華王朝・政権の名を越えた通史的な呼称として昭和の中期まで利用された。

「漢」に由来する呼称編集
最初の統一王朝ながら短命に終わった秦王朝に代わって400年間に渡って中国を支配した漢王朝(前漢と後漢)の時代に、漢民族を中心とする中国の版図は定着していった。そのため、「漢民族」や「漢字」のような言葉に漢の字が使われている。また、日本では「から」の音を「漢」の字にあてる例もある。

UPDATE:2017-04-02 08:42:04

上へ
お名前
更新通知
本文
Sage Sage